専門学校
senmon-gakkou

日記

卒業後の進路

専門学校の関連情報についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/高等専門学校 からの情報>

卒業後の進路
就職率の高さが特長である。
各高専によって若干異なるが基本的に高校生や理工系大学生と同じように学校が学生と話し合って受験企業を一社に絞って受けさせる「一人一社制」によって就職活動を行う場合が多いが、文科系大学生と同じように企業が高専卒採用枠を設けてインターネットなどで採用情報を公開し、全国の高専生を対象とした選考をすることもある。

また、少数の企業ではあるが大学卒と同一の採用枠、試験枠となる場合や、企業によっては現役生として考えると同じ年齢である短大・専門学校卒業対象となることもある。

 採用後についても高専卒用のモデル昇進ルートを設計する企業は少ない。待遇は概ね短大卒〜大卒程度である。 古くから高専卒業生の採用実績がある上場クラスのメーカーでは、高専卒後4年の実務経験者と大学卒業後2年の実務経験者が同待遇とされる場合が多く、主任級や係長級への登用選考でも年齢要件は同一とされる事が多い。
 また、卒業してから、技術科学大学を始めとする、大学の3年次に編入学できる制度もあり、高等専門学校に設けられた専攻科への進学とあわせて進学の幅も増えている。
 高等専門学校の専攻科(2年制)を修了または修了見込みの者が、大学評価・学位授与機構に課題論文を提出し、審査に合格すると、学士の学位を取得することができる。

 また、これは卒業ではないが、高専の第3学年までに規定の単位を取得または取得見込みの者には高校卒相当の資格が生じ、大学や専門学校を受験することが出来る。文系や芸術系へ進路変更する場合など、第3学年を修了した後に高等専門学校を退学して大学に入学する人もいる。  

但し、高専のカリキュラム上、大学受験は全く考慮されないため、第3学年次受験は、一般の高校生よりも不利である。  また、第3学年終了時の退学を前提条件に退学届けを提出しないと、高卒資格取得見込証明書や調査書が発行されない。従って、大学受験に失敗したからと言って高専に戻る事は出来ない。(その場合は退学→浪人となる。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。