専門学校
senmon-gakkou

日記

高等専門学校の教育

専門学校の関連情報についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/高等専門学校 からの情報>

教育
 高等専門学校の修業年限(卒業までに教育を受ける期間)は5年(ただし、商船に関する学科については、5年6月)とされ(学校教育法第70条の4)、 その学齢は高等学校の3年間と短期大学の2年間に相当する。卒業すると準学士と称することができる。

 高等専門学校では、普通教育とともに、学科ごとに専門教育が行われる。
 高専の教育内容は傾斜配分されており、数学や学科関連の理系科目と専門科目は、大学工学部相当のレベルまで教授される。講義だけではなく、実験・実習やゼミ輪講・卒業研究など、実践的な教育が重視されている所に特徴があり、高専生は週次のレポート提出に追われることになる。

多くの場合、これらの科目の単位を落とすと進級や卒業をすることが出来ない。  「高専卒は英語が弱い」という風評があるが、低学年では、おおむね高校普通科と同程度の英語の授業時間数は確保されている。高学年では英語に加え第2外国語を学ぶ。(ドイツ語である場合が多い。)  一般教養科目には皺寄せが来ており、国語や社会などの文系教科はあまり力を入れておらず、芸術や家庭科などの実技科目はほとんどない。

 学校・学科により若干異なるが、5年間で170単位以上の履修と単位取得が必要とされており、その半分以上は専門科目の単位である。就職活動や卒業研究を行うため、5年次のカリキュラムには若干の余裕があり、その分、4年次以下の学年の週次の授業時間数は、一般の大学よりも多い。

 故に、専門分野にさほど興味が無かったり目的意識を持たずに何となく入学して来た人の中には、高専の教育に適合せず、学業について行けなくなる者もいる。 また、大学受験が無く校則も緩いため(学生としての自己管理が求められているという事ではあるが)、身を持ち崩す者も居る。

 原級留置(留年のこと)や進路変更(退学のこと)により、ストレートに5年間で卒業する者は、およそ3/4と言われている。

 多くの高等専門学校は、学校内に学生寮を設置している。以前は全寮制を敷く学校もあったが、そういったところでも1990年代以降は、自宅からの通学を広範に認める学校も多い。また、都市部の高専の中には学生寮を持たない高専もある。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35787674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。