専門学校
senmon-gakkou

日記

高等専門学校

専門学校の関連情報についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/高等専門学校 からの情報>

 高等専門学校は、
中学校卒業者を対象に、主に技術系の人材の育成を目的とする高等教育機関である。高等学校と短期大学に相当する年次の5年制で、技術系に特化した教育を行う。大雑把に高校から4年制大学の工学部レベルの教育を5年間で行うため、週の総授業時間はかなり多い。一般に、「高専」と略称される。

 大半は独立行政法人国立高等専門学校機構が設置する国立の高等専門学校であるが、公立や私立の高等専門学校もある。1つの都道府県に1校から複数校設置されている(未設置県は埼玉県、神奈川県、山梨県、滋賀県、佐賀県。)。

制度の開始が1962年と学制としては比較的新しいため、2007年現在でも産業界や技術者以外には認知度が低く、特に受験生である中学生にもあまり知られていない。

 大学と同じく学校教育法第一条に定められている高等教育機関であり、設置には文部科学大臣の認可が必要である。その設置目的は、学校教育法 第七十条の二に、「 高等専門学校は、深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成することを目的とする。」 とされている。

 高等専門学校は、文部科学省の設置基準を満たした上で、学校長以下、学生を教授するための教授・助教授・助手の教員を置かなければならず、講師・技術職員を置く事が出来ると定められている(学校教育法第七十条の七)。   高専の教員には教員免許は必要とされないが、博士の学位の取得と、それに相当する研究業績を求められることが多いようである。

 高等専門学校を卒業した者は、準学士と称することができ(同、第七十条の八)、 また、文部科学大臣の定めるところにより、大学に編入学することができる。(同、第七十条の九)

 英語表記は College of Technology とされている。
 なお、専門課程を置く専修学校(学校教育法第八十二条の二)が称することができる専門学校(同、第八十二条の四)と混同されることがあるが、全く別の学校である。

学校数・学生数
 2005年5月1日現在で高等専門学校は63校あり、その内、国立55校、公立5校、私立3校。在校生は男子4万9325人、女子9835人[1]。
 学科制が採用されている。1学級/1学科である場合が多く、1学科の定員は40名(私立は45名)である。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35787494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。